乳酸菌サプリ解消の補助として使える手のツボ

子供の頃からの乳酸菌サプリ体質で、ひどい時は1週間ぐらい便が出ず、長引くと

 

体臭がきつくなって困りました。大人になった現在も様々な乳酸菌サプリ対策を複合的に

 

行っています。

 

例えば「乳酸菌サプリに効くツボ」は、書いてある本によってけっこうばらつきがあり

 

「ここを押せば100%便が出る」というツボはないと思います。人によって

 

効くツボはまちまちなのではないかと思います。

 

私も乳酸菌サプリのツボをあれこれ試しましたが、最もよく聞いたのは合谷のツボ

 

だと思います。

 

合谷のツボは手の人差し指と親指の付け根にあり、乳酸菌サプリ解消やストレス解消に

 

効果があると言われています。私の場合は就寝前と起床時、両手の合谷を3分ほど

 

押すと、若干便の出が良くなるようです。効果絶大というわけではありませんが、

 

乳酸菌サプリ解消の補助としてはけっこう使えるツボだと思います。

乳酸菌サプリ予防はお腹を冷やさないこと

私が乳酸菌サプリの予防として常に心がけていることは、お腹を極力冷やさないように意識するということです。お腹が冷えれば冷えるほど、便は固くなる傾向があります。便が固くなると排便がし辛くなってしまうため、それが乳酸菌サプリにつながっていきます。

 

 

 

ですから、乳酸菌サプリを予防するためには、なるべくお腹を冷やすことなくあたたかい状態に保つことが大事です。

 

 

 

そのためには、冷えてきたと思ったらブランケットをかけたり、寝るときには腹巻きを巻いてみたり、生姜湯を飲んだりするのもお腹を冷やさないためには大事です。

 

 

 

そうしてお腹を冷やさなければ乳酸菌サプリにはなり辛いと考えていますので、これからも乳酸菌サプリ予防のため、お腹は冷やさないようにしっかり心がけていきたいです。

乳酸菌サプリにはマッサージが効果的

私は中学生のころから慢性的な乳酸菌サプリに悩まされていました。3日間くらい出ないのが通常モードで、ひどい時になると1週間くらい出ませんでした。朝に便意を感じた経験が無く、普通の人は毎日お通じがあると知ってとてもびっくりしたものです。

 

大人になってからはなぜか毎日お通じがあるようになりましたが、逆に3日間も出ないと苦しいと感じるようになりました。そんな時はおなかをしっかりマッサージすると乳酸菌サプリが改善します。マッサージといっても気持ちが良いくらいの強さでは無く、けっこうしっかりとおなかをつかんでぐっ、ぐっと押し込んだりもんだりします。ちょっと痛いですがこれで乳酸菌サプリ改善はばっちりです。